クレジットカード決済に伴うリスクについてお話しましょう。
インターネットサイトの利用代金をクレジット決済するというのは大変便利です。身分証明書としても利用できたりするので何かをクレジットカードを利用する人も多いでしょう。ですが、便利な分だけリスクも大きくなることを忘れてはいけません。
一昔前のように、カード情報を盗んで偽造カードを作られるといったトラブルはさすがに聞くことも少なくなりました。それは無くなったというより、それ以上の被害が多発してきているから表面化していないだけの話。クレジット決済に関するトラブルは今も後を絶ちませんし、むしろ多くなっています。
今まで何度も記事にしてきましたせフれサイトの「退会手続き」に関わるトラブルも、クレジットカード決済でなければ、こんなに多発することはなかったでしょう。
少しでも早くそのサイトを利用したい。はやる気持ちで入会手続きをしている時、カード情報を書き込めば、その場で支払いが完了し、即利用可能になるクレジットカード決済は本当に有難いものです。しかし、その簡単・便利さが落とし穴なのです。先ほども言いましたがクレジットカードは身分証明にもなるほどたくさんの個人情報が入っています。つまりそのクレジットカードで決済するというのは、自分を全てさらけ出すのと同じです。もしくは相手に人質を取られたと思ってもいいでしょう。情報を握っている相手は、あなたの意図しない利用代金を勝手に決済する可能性もあるのです。利用しなくなってスグに退会できれば問題はありませんが、退会手続きに手間取っている間に、その期間の継続利用料として不当な決済をされることあります。もう済んでいない家の家賃を大家が勝手に銀行から引き出しているようなものです。これが悪徳サイトの目的だとも言えます。

もしこれが銀行振込で決済していたらどうなったでしょう? どんなに不当請求をされようと、こちらが振り込まなければ相手にお金が渡ることはありません。現金払いというのは面倒かもしれませんが、自分でコントロールできるので安全です。必要な分の現金をその都度決済すれば、後のトラブルも起こらないでしょう。これはせフれサイトだけでなく、アダルトサイトや他の有料インターネットサービス全てに共通することですね。

関連記事